お店紹介

大久保タイムズ第3号
掲載記事(2001.8.24)

□□ ブラックセイント □□


http://www.etown-okubo.net/shops/65.htm

@@ジャズと酒、煙草と言われて思わず手を挙げてしまう編集子(^ ^;
大久保十字路の近く、打ちっぱなしのコンクリの壁に意味深なイラストが書いてあるブラックセイントさんにおじゃましました@@

 入り口は狭いけど、中に入ってみると、以外に広いのでびっくりします。収容人数は約50人程という、ライブスペースとしては手ごろな大きさで、内部は音の反射による悪影響を防ぐように階段状の天井にしたり、本格的なオーディオシステムを備えているそうです。

最初は、カウンターとテーブル四つだけの店でしたが、その後、どうしても前からやってみたかったライブハウスに改装。驚いた事に、全部マスター手作りの店だそうです。
現在、月末にライブを行っていますが『メジャーなミュージシャンを呼ばないと』振り向く人がいないから、との発言に驚き!!呼ばれて来る人は、テレビに出ている人、CDを出している人、そんな人ばかりだそうです。
昔っからのジャズ好きで、新宿の木馬、ポニーとのつなりがりがあって大物ミュージシャンを呼べるんだよ、という説明に納得してしまいました。

8月29日(水)PM8:30〜 チャージ3000円(ドリンク別)
さがゆき with 小針 寛史 カルテットのライブがあります。

@@ブラックセイント、って千葉県はもとより、都内でも知る人ぞ知る、のライブスポットだと知ってびっくりした。新宿の木馬、で反応した人は是非ライブに行ってみるべし(笑)@@

■■ 8月29日ライブ詳細 ■■

□さがゆき with 小針寛史 カルテット□

さがゆき(VO)緑川英徳(as)小針寛史(dr)菊地敦彦(b)田村博(p)

■■ 9月26日ライブ詳細 ■■

□吉野光昭「FULL NOTES」CD発売記念コンサート□

チャージ 3500円(ドリンク別)

吉野光昭(B)川嶋哲郎(Ts・Ss)大坂昌彦(Ds)石井彰(P)

「FULL NOTES」fMTCJ-1010(JAZZBANK/Minton's House) \2800(税込)

 

オープンした時には、月刊スイングジャーナルがわざわざ取材に来たそうです。

ブラックセイントのSR設備はかなり充実している。ミキサーはローランドRM−1200(12ch)を二台カスコード接続して十分なチャンネルを確保しているし、エフェクター類もかなり準備されている。JBLの楽器用ウーハーE145をベースとして3ウェイ・スピーカーをドライブするアンプはミキサーと同じローランドのSPA−120、SPA−240(x4)である。
これらの装置は、ステージと対面したコントロール・ルームに置かれ、合わせてこの部分で室内の照明もコントロールできるようになっている。
ライブ・ハウスとしても本格的設備だ。一方、オーディオ・システムの方もかなりのもので、ウエストレイクTM2、JBL L300、スレッショルドステイシスI、それにマークレビンソンJC2など、ホーム・オーディオの最高峰をしく製品がさりげなく置かれていたりする。
(月刊スイングジャーナルより抜粋)

SRシステム:パワーアンプ ローランドSPA120*1 SPA240*4
       スピーカー JBL E145/4560+2445J
             2380+2402*2
 

戻る

 

ホーム | タウン情報 | イベント情報 | リンク | プロフィール


大久保商店街活性化調査研究事業委員会
IT活用グループ
Copyright 2001 習志野商工会議所 All rights reserved